読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

手術では他の歯に触れていなくても、

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。

人工歯根を埋め込んだことで、その周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間の経過ともに落ち着くのが自然な流れです。

しかし、他の原因から生じることもあるので、特に手術後は、異変を感じたらすぐに歯科医に連絡することに努めましょう。

インプラント治療を考えているなら、最も重要なのはどんな歯科医にかかるかです。

独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医の腕次第で相当な差があると考えるべきでしょう。

この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法なのは明らかで、手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることが治療全体の大きな部分を占めます。

外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後はしばらくの間、極力安静に生活を送ってください。

日常生活では力をかけないように努め、日常生活以上の負荷がかかる運動は控えることが望ましいです。

血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。

日頃から運動をしている方は、どうなったら再開できるか、歯科医と話し合うと安心できます。

インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーの原因となることはほとんどない素材を使っているためです。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費を覚悟しましょう。

ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が治療や手術への心配がなくなるでしょう。

最近話題になることも多いインプラント

しかし、この治療法も決して万能ではなく、制約もあるので覚えておきましょう。

何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られていることです。

後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。

いくつか例を挙げると、腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になるかもしれません。