読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントは人工歯なので虫

インプラントは人工歯なので虫歯の危険性は全くありませんが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。

インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングはずっと続きます。

ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。

感染が重篤化する危険性があるので即刻診断を受ける必要があります。

インプラントは決して虫歯になりませんが、メンテナンスをしなくて良いと考えてはいけません。

インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。

自分の歯のお手入れと同じように必要なお手入れをきちんと指導してもらい、セルフケアは欠かさないようにしましょう。

そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。

高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。

保険がきかない理由ははっきりしています。

インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとするとブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。

インプラントを埋め込む手術前後の処置や、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるのでトータルの治療費用は高額になってきます。

もしこの治療が保険適用だったら、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。

いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医でないとできないなら、日本だけでなく、海外の歯科医を探すことも十分あり得ます。

そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。

インプラント治療で、失った歯を取り戻すためには決してあきらめてはいけません。

全力で、あらゆる方面から情報を集めてみることをがんばってみましょう。

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。

考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどです。

別の原因が隠れていることもあり得るため、治療中に異変を感じたら速やかに歯科医の診断を受けることが治療を成功させるために必要です。