インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

歯科治療の新たな形として注目されているインプラント

歯科治療の新たな形として注目されているインプラント

その人工歯には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。

セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。

美的センスに加えて、熟練したスキルを持ち合わせていなければなりません。

患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、インプラントの治療費は高くなるのです。

よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることは本当に少ないという点です。

あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も義歯に見えない自然さでこの歯はインプラントだと自分でいわなければこれは義歯だと思われることもまずないと思って良いでしょう。

義歯だと思われたくない方にはおすすめしたい治療法です。

治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療はかなりの費用を要することは確かです。

健康保険が使えることもまれにありますが、厳しい条件を満たさなければならず、普通は治療の全てが自費になるのが費用を押し上げる最大の原因です。

現状では最低線が十数万円、難しい治療を受けるケースではその数倍の出費もあることを肝に銘じておかなければなりません。

ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けてのよくあるケースのインプラント治療でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。

ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが命に関わる大事な問題です。

近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ上で具体的に示している歯科医院も当然のようになっているので、あれば必ず見ておきましょう。

インプラントならば、他の人工歯と比べても安定した使用感が得られ、どんなガムでも安定した噛み心地なのはインプラントにして良かった点の一つです。

両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。

インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい丈夫に作られていることはいうまでもありません。

キシリトールガムも、問題なく楽しめます。