インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の

いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医の治療を受けようとすれば国外までも探しにいくということも考えていきましょう。

そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。

長期間快適に使える歯を手に入れるため、可能性を追求して、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみることに努めましょう。

インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、それも皆無とはいきません。

人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、歯がグラついて違和感を覚えるなどの事例もあります。

これは担当歯科医の技量の低さの影響が多分にあります。

技術が高く、インプラント手術に慣れている歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。

皆さんがインプラント治療に取りかかる前、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。

現実には、治療費といっても歯科医院や歯科医によって差があると考えるべきです。

インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用を自由に決められるのが建前です。

それでも、相場はあると言えます。

インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが相場だと押さえておきましょう。

手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので術後の患者さんは、ほとんどが違和感を感じるといわれています。

腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてひたすら辛抱が大事です。

もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、早急に適切な対応をしなくてはなりません。

大至急歯科医にかかってください。

最近よく聞くようになったインプラント

差し歯とはどう違うのか見てみましょう。

読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。

歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。

そのため、歯そのものを抜いてしまうと、利用することは不可能です。

対して、インプラントは差し歯と異なり、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。

差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。