読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラ

手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても定期的に歯科医に診てもらう必要があるため異常がなくても維持費は必要になります。

普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診に通うのが一般的です。

メンテナンスの費用は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず約三千円とみれば良いでしょう。

従って、年間1、2万円くらいの費用を支払うことになります。

誰でもインプラント治療ができるわけではありません。

その大きな原因は費用の問題も大きいと思います。

保険適用外のケースが圧倒的多数で、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても費用の差はかなりありますし、自由診療なので、歯科医院ごとに相当差が開きます。

また、定期的なメンテナンスも必要という点にも注意が必要です。

様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた優れた歯科医を探したいならば、海外に渡ってでも治療を受けるという手段もあります。

インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。

困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるなら決してあきらめてはいけません。

全力で、あらゆる方面から情報を集めてみることをがんばってみましょう。

人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といった金属アレルギーがほとんど起こらない素材を使って作られているためです。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、その全額が自費になるのが普通です。

もし金属アレルギーの不安があればアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと不安や誤解がないでしょう。

虫歯がかなり悪化して、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。

両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、自分の気持ちが固まりました。

保険がきかないため、高額になりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。

手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく自分の歯と同じように噛めたのでインプラントにして良かったと思いました。