インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントはどのくらい保つのか、まだ

インプラントはどのくらい保つのか、まだ定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で自分の歯と同じくらい保つというケースが増えています。

ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期にわたって維持できますが、ケアが十分でなければ取り返しのつかない事態が起こってしまうということを忘れてはいけません。

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。

インプラントは、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。

人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるのが1ピースタイプと呼ばれるもの。

そして、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。

この2ピースタイプはさらに、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。

チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨になじんで比較的安定しやすいため、金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。

インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査などいろいろな検査を実施し、その結果を見て本格的な治療がスタートするので安全性を確認しながら治療を受けられます。

一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。

これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯を入れた後、義歯だとわかることはまずないと考えてください。

見た目からしても、自分の歯のようにかなり自然にうつり、自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればいかにも義歯だと思われることはいちいち考えなくて良くなります。

自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方には最適な治療と言えます。

インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。

なぜ適用されないかというと、インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。

手術の前後には様々な処置が必要で、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるのでトータルの治療費用は高額になってきます。

これを保険適用にしてしまうと、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。