読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗した

インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。

義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、あごの骨にインプラントを定着させるので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再び手術を行って骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。

また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、手術時に神経を損傷する危険を伴います。

せっかくインプラント治療を行ったのに、それから口臭を人から指摘されるようになったという件がままあるようです。

これでは折角のインプラントが台無しです。

理由としては、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症しているという可能性もあるのです。

ひょっとして、と思ったら、早期に診察してもらうことが大切です。

がんばって終わらせたインプラント治療も、治療が終わるとその状態を保たなければならず、日々のケアが欠かせません。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングして完璧なプラークコントロールが必要で、定期的な検診を欠かさず継続することが必須条件です。

どんな堅牢なインプラントでも、ひとたびケアの手を抜けば歯周炎などの可能性があります。

インプラントはメリットの大きい治療法です。

けれども、当然ながらデメリットもあります。

まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。

難しいケースでは数十万円かかるケースもまれではありません。

加えて、治療が失敗して取り返しがつかない健康被害が起きるデメリットも忘れないでください。

ごくまれなことですが、患者の死亡例も実際にあります。

この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院して手術することはまれです。

出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。

加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。

腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院が必要になることもあるので、注意してください。

これらのどこかに当てはまる方は治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。