読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントについて、簡単に説明すれば虫歯や歯周

インプラントについて、簡単に説明すれば虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯づくりを指します。

従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根を骨に埋め込むことによって噛んだときの感じも自分の歯に近く、手入れしながら、長い期間使うことができます。

インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療費が高額になることは問題点です。

現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、前よりも口臭が気になるといった変化がたまにあるということです。

これでは折角のインプラントが台無しです。

理由としては、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしているケースもあり得るのです。

より深刻な事態を食い止めるためにも、早期に診察してもらうことが大切です。

完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるインプラント

ですが、便利な反面、気に留めておくべきポイントがあります。

何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られているという事実です。

糠喜びにならないためにも知っておきましょう。

インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。

腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、インプラントの利用が不可能と診断される場合があることに留意してください。

インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。

全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により以下に示す何通りかに分かれています。

アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているのを1ピースタイプといいます。

それ以外に、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。

これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。

この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるため症例数が多ければ多いほど良く、経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。

それだけでなく、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、院内感染防止に努めている、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが歯科医を決めるためには重要なことです。