読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

入れ歯の装着に違和感があるという方、あるいは入れ歯

入れ歯の装着に違和感があるという方、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方に選択肢としてインプラント治療があります。

あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、人工歯をつける治療で、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、見た目は入れ歯よりも自然な感じで自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。

何よりも見た目の自然さや快適な使用感を譲れない方にふさわしい治療です。

インプラントは決して虫歯になりませんが、メンテナンスは自分の歯より楽と考えてはいけません。

小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。

自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守って毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。

その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。

歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラント

しかし、この治療法も決して万能ではなく、他の治療法と同様、注意すべき点があります。

何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られていることです。

インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。

ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりするかもしれません。

喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は見過ごしてはならないレベルです。

一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療成功の絶対条件となります。

組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが相当の妨げになります。

インプラント治療を順調に終えようとするなら、治療が無事終わるまでの間と思って禁煙を決意してください。

失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗してもやり直しできないことが多い点です。

自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントの定着がみられなかった場合、同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。

インプラントの埋入も、骨を削るので手術時に神経を損傷する危険を伴います。