読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治

検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。

保険がきかない理由ははっきりしています。

インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとするとブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、時間も手間もかかるからです。

あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので全ての治療を通した費用はかなりの額になります。

それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療後も快適な状態を維持するためにデンタルケアを欠かさないことが重要です。

毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールは欠かせませんし、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが欠かせません。

インプラントは虫歯にならないとはいえ、ケアが行き届かなくなると歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。

インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、歯根が自分のものであるかどうかです。

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が健全であれば上からすっぽりとクラウンという義歯をはめられます。

しかし、根から抜いた場合は入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込む方法であるインプラントを用いた治療になります。

年々進化を続けるインプラントの技術。

近頃では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。

埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうというケースも稀に報告されています。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足の影響が多分にあります。

高い技量を持つ歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。

インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどれだけ痛いだろうと心配になると思います。

インプラント埋入手術を受けても、痛くて我慢できないことはまずありません。

切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて埋入手術を始めるためです。

麻酔が切れれば、処置の仕方によって多少の痛みはあるかもしれませんが痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、激しい痛みが長く続くことはあまりありません。