インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療も万能ではなく、基本

インプラント治療も万能ではなく、基本的には他の治療が難しい患者さんに最適な治療方法になります。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、義歯では上手に噛めないなどでインプラント治療を選択する患者さんが多いでしょう。

入れ歯に比べ、インプラントでは自分の歯に近い噛み心地が得られ、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。

新たな歯科治療の形として注目を集めているインプラント

しかし、この治療法も決して万能ではなく、制約もあるので覚えておきましょう。

まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があるということです。

インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。

インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。

腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまう可能性は高いといえます。

注意してください。

インプラント治療は、まず何が大切かというと、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。

特殊な外科的治療についても技術を要求されるのでとにかく数多くのインプラント治療にあたってきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。

また、できれば費用面での疑問に応えてくれる、きちんと感染症対策がなされている、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども歯科医を決めるためには重要なことです。

インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので手術後しばらくの間、患者さんは多少の違和感があるといいます。

腫れがおさまると違和感は薄れるため腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないよう我慢あるのみです。

もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。

大至急歯科医にかかってください。

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、不断のケアが求められます。

毎日、しっかりブラッシングすることで完璧なプラークコントロールが必要で、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことを続けなければなりません。

インプラントは虫歯にならないとはいえ、ケアが行き届かなくなると歯周病になることは珍しくありません。