インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

人工歯としてのインプラントは永久に虫歯から免れます

人工歯としてのインプラントは永久に虫歯から免れますが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。

インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングは手を抜くことができません。

ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎を疑ってください。

放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察してもらわなければなりません。

他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。

他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、インプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再度、大がかりな手術を行って骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。

インプラントの埋入も、骨を削るので埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。

無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、前よりも口臭が気になるといった変化が歯科医院ではよくきかれます。

これはなぜでしょうか。

一つには、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっていることも考えられるので、放置はできません。

こうした症状に気付いたら、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーの原因となることはほとんどない素材を用いているのです。

ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、その全額が自費になるのが普通です。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのがベストだと思います。

一般的なインプラント治療は、3ステップあると考えてください。

最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。

あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というのがだいたいの流れです。

この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。

ですから、インプラント治療全体では要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。