読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントという治療法を聞いたことのあ

インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。

これは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。

入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。

インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の極めて高い医療スキルが必須といえるでしょう。

高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術ということです。

いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。

最近よく聞くようになったインプラント

差し歯とはどう違うのか見てみましょう。

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。

自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。

歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、差し歯は利用しようがないということです。

一方、インプラントは原理が全く異なります。

これは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。

自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。

全てのインプラント治療にとって大事なのがどのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。

特殊な外科的治療についても技術を要求されるのでたくさんの症例を治療してきた豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。

それだけでなく、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。

インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。

それからも定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので当然、その度に費用を支払います。

使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診に通うことを指示されます。

メンテナンスの費用は基本的に保険が適用されるので三千円くらいかかります。

標準的には、一年に1万円から2万円程度の費用を支払うことになります。

インプラント埋入は外科手術なので、術後は痛みが落ち着くまでは、安静に生活を送ってください。

普段よりも静かに過ごすようにして明らかに負荷がかかるレベルの運動は控えることが望ましいです。

血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。

日常的に運動を続けている方なら、いつから再開して良いか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。