読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

最近よく耳にするインプラントは、歯がまるごと抜けて

最近よく耳にするインプラントは、歯がまるごと抜けてしまった後で、歯根からあごの骨に埋め込んだ義歯と人工歯根のことです。

ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯根からあごの骨に埋め込んでいるので強度や使用感が天然歯に近く、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。

なお、インプラント治療は全て自費となり、その治療にはどうしてもお金がかかります。

歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。

今では、どこで手術を受けても痛くて我慢できないことはまずありません。

局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術するのが普通だからです。

麻酔が切れた後で、腫れてきたりだんだん痛くなってくることもありますが、頓服の痛み止めが処方されるため我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。

どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、かなりの費用を要することは確かです。

ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、普通のケースではまず適用されず治療のごく一部しか保険適用にならないのが高額の負担を強いる原因です。

安くできるケースで十数万円、難しいケースでは費用が数倍にもなる可能性があることを覚悟した上で始めなければなりません。

皆さんがインプラント治療に取りかかる前、治療費の高さは重要な問題ですね。

実は、かかる費用は歯科医院ごとにずいぶん違っています。

保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、金額は歯科医院次第です。

それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。

欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が相場だと押さえておきましょう。

インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントが定着しなければ同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。

それに、埋入手術の際には手術時に神経を損傷する危険を伴います。