読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントが世の中に定着した技術となった今日で

インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、それも皆無とはいきません。

人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、歯がグラついて違和感を覚えるなどといったトラブルの事例もあるようです。

こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことに起因することが多いといえます。

インプラント手術の経験と実績のある歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。

どうにも入れ歯がしっくりこない、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方に選択肢としてインプラント治療があります。

チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから人工歯をつけるため、入れ歯に比べれば費用はかかりますが見た目は入れ歯よりも自然な感じで自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。

どうしても外見や噛み心地を譲れない方にふさわしい治療です。

歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないといったケースです。

ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、これが、インプラントの埋入なら周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。

他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという希望がある方にはインプラント治療を考えた方が良いですね。

歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどれだけ痛いだろうと心配になると思います。

インプラント埋入手術を受けても、痛くて我慢できないことはまずありません。

麻酔の効き方を確認しながら手術するのが普通だからです。

麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛みを感じることもあります。

痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、激しい痛みが長く続くことはあまりありません。

インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることは本当に少ないという点です。

見た目からしても、自分の歯のように自然な印象を与えるので他の人に自分から言う必要もないので義歯を入れたと気づかれることは考えなくて良いのです。

義歯だと思われたくない方にはこの治療方法を選ぶべきでしょう。