インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われる

入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント

使用年数はちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、担当医の技量によっても変わるようです。

口内のセルフケアを怠れば、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。

口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとインプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、それだけインプラントの使用可能年数が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。

多くのメリットを知られるインプラント治療。

でも、当然ながらデメリットもあります。

まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。

難しいケースでは数十万円かかるケースもあるのです。

そして、治療にミスや失敗があると障害が残るような健康被害も起こりうるという重大な問題もあります。

障害を負うにとどまらず、手術後の死亡例もあります。

歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。

ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので違和感が比較的少なく、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。

インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療にお金がかかることは承知しておいてください。

インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。

これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にそちらの病気を完全に治すのは必須です。

また、美容整形であごの骨に手を加えた方もリスクを背負っています。

今は、このような病歴があるからといって治療不可と決めつけることはできないので不安がなくなるよう歯科医に相談してください。

インプラントの手術してからしばらくの間、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。

これは、人工物を埋め込んで周辺の歯の神経も刺激されたことが原因で時間が経つにつれておさまってくるケースが自然な流れです。

ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、違和感がおさまらないときはすぐに歯科医に連絡することが治療を成功させるために必要です。