読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。

保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。

それでも保険適用外なのはインプラント治療と一口に言っても保険適用が可能な他の治療方法よりも時間も手間もかかるからです。

土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、全ての治療を通した費用はかなりの額になります。

もしこの治療が保険適用だったら、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。

インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、大きな3つの関門があります。

最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。

あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。

それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのが大まかなプロセスです。

この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。

仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。

インプラント治療が適用されるケースとして、周辺の歯に関係なく治療したいなどの要望があるケースです。

ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯だけを根元から再生する治療になります。

他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという希望がある方にはインプラント治療を優先して良いでしょう。

年々利用者が増えてきたインプラント

その施術とは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこにフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。

入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。

インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の卓越した技術を置いて語れません。

そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術ということです。

いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。

喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性はかなり大きいというべきでしょう。

一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが次のステップに進むための条件です。

組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは確実にマイナスの作用があります。

インプラント治療の成功を願うなら、治療が無事終わるまでの間と思って禁煙あるのみです。