読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

最近メジャーになってきたインプラン

最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。

それは、治療を行う歯科医の腕や、患者さん自身のコンディションにもよるので、誰にでも当てはまることではなく、結局、治療してみるまで分からないということになります。

痛み止めの薬などを服用して、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、腫れや痛みが収まらない場合は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。

インプラントとクラウンの決定的な相違は、歯根が自分のものであるかどうかです。

虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても根のケア次第で自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンをかぶせる治療ができます。

これに対し、抜歯した後は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に失った歯根を補うため、人工歯根を埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。

骨との親和性が高くアレルギーの発症例も少なくなっています。

インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的な治療がスタートするので患者も納得し、安心して治療を開始できます。

そして、治療終了後のメンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全で、快適な使用が続くことを期待できます。

インプラントは人工歯なので当然、虫歯にはなりませんが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。

長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスを忘れることはできません。

しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、それはインプラント周囲炎の可能性があります。

放置すると炎症が広がるので早急に診察を受けましょう。

ご存じの通り、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。

医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。

医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をしてすでに収めた税金を取り戻す申告をします。

確定申告をするときの注意点として歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が必ず要求されるのでなくしたらおしまいのものとして保管しておくことをすすめます。