読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療を考えている方に知ってお

インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、仮歯を入れた後、義歯だとわかることはめったにありません。

根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じようにかなり自然にうつり、自分から、義歯だと他の人に明かさないでいれば義歯を入れたと気づかれることは考えなくて良いのです。

自然な見た目を重視している場合、おすすめしたい治療法です。

無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、口の臭いが気になるようになったケースがたまにあるということです。

そうなる理由として、インプラントと隣の歯の間などに詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしているケースもあり得るのです。

自分もそうかも、と思った方は、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。

インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。

それらのパーツの構成により、複数のタイプに分類することができます。

人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっている1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。

二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらに人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれており、それぞれ特性が異なります。

入れ歯で食べることに抵抗がある、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にも適用されるのがインプラント治療です。

チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから上部の義歯になる部分を装着します。

おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。

あくまでも見た目、もしくは使った感じを求められるなら、何といってもインプラントです。

他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は無視できないものがあります。

インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。

手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療成功の絶対条件となります。

組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが相当の妨げになります。

この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、思い切って、治療が終わるまでの間は禁煙を決意してください。