読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

長い治療期間を経てやっとインプラントが安定

長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、ケアはそこで終わりではありません。

インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。

間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。

正しい方法を歯科で教えてくれるので、毎日欠かさず行うようにしましょう。

治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。

さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。

担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。

人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。

チタンの他、セラミック、金といった金属アレルギーがほとんど起こらない素材から作られています。

インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、その全額が自費になるのが普通です。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が不安や誤解がないでしょう。

これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費が気になるのは当然です。

実際のところ、費用の総額は統一されておらず、歯科医院によって幅があるのが普通です。

保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。

それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。

歯一本分のインプラントで、40万円前後が一般的です。

保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。

インプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。

地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに治療費には大きな開きがあります。

治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。

ここで重視すべきなのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。

何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。

インプラントは、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により以下に示す何通りかに分かれています。

インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体である「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらに人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれており、それぞれ特性が異なります。