読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバット

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。

インプラントは、その部品の接続構造により、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。

骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっているのを1ピースタイプといいます。

それ以外に、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

よりメジャーである2ピースタイプは、そのコネクション部分の形状により、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。

インプラントの特徴として虫歯の危険性は全くありませんが、歯周病には気をつけてください。

長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスを忘れることはできません。

ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎を疑ってください。

放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察を受けましょう。

インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、費用面で、治療を躊躇する方もかなりいるようです。

それでも、クレジットカードが使えるところや、いわゆるデンタルローンのような信販会社のローンで支払いができる歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。

治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、自分が希望する治療を始めることは十分可能になりました。

ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うごく一般的なインプラント治療でも、どうしても院内感染のリスクは伴います。

治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、キーポイントの一つです。

院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてホームページ上で公開している歯科医院もごく普通になっているので、あれば必ず見ておきましょう。

義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから異常がなくても維持費は必要になります。

標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。

メンテナンスの費用は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円程度かかることが多いです。

全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの維持費を用意しておきましょう。