インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

虫歯をひどくしてしまい、ついに歯を抜

虫歯をひどくしてしまい、ついに歯を抜かなければならなくなりました。

このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されてインプラントの方が良いと考えました。

自費診療なので、かなりの額になりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。

治療後、噛めるようになると、ほどなく違和感なく噛むことができるようになり歯医者さんに言われたとおりだと思いました。

埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。

けれども歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならず異常がなくても維持費は必要になります。

使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。

メンテナンスを受けるごとに支払う料金は基本的に保険が適用されるのでたいていは三千円程度に収まります。

全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの出費は必要です。

希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えずインプラントの埋入まで行けないこともあります。

でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら治療を断念するのは早すぎるかもしれません。

歯科医の腕と設備次第で、それまでインプラントは適用されなかったケースも治療ができるようになっています。

あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして探して、問い合わせてみましょう。

インプラント治療を考えているなら、最も重要なのはどんな歯科医にかかるかです。

最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで全ては歯科医の裁量にかかっておりかなり治療実績には差があると考えられます。

この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だということを理解してください。

とにかく入念に、歯科医選びをすることがインプラント治療の結果を左右するのです。

耐久性の面で、インプラントはどうかというと、現状では確実な説はありません。

定期的なメンテナンスが行われていれば本物の歯に匹敵する耐久性があるというのが多くの意見です。

すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期間の使用も問題ありませんが、ひとたびケアを怠れば維持できなくなる異常も起こりうるということを肝に銘じておくべきです。