読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

現在ではインプラント治療も一

現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、以前と比べて息のニオイが気になるという話もままあるようです。

義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。

これには、インプラントと隣の歯の間などに食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっているという可能性もあるのです。

より深刻な事態を食い止めるためにも、早期に診察してもらうことが大切です。

他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。

この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医の腕次第で決定的な違いが出てくると考えられます。

この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だと言えます。

手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。

費用や手間の面から考えても、インプラント治療は治療の選択肢がそれしかない患者さんにお薦めします。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を選ぶしかないという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。

インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。

インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは多少の違和感があるといいます。

数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから違和感を感じてもくれぐれも触らないよう歯みがきも気をつけてください。

十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。

こうなれば我慢は必要ありません。

すぐに診療を受けましょう。

近年市民権を得てきたインプラント

人工歯の組成には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。

これは文字通り陶器でできた人工歯であり、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、なんといっても歯科技工士のスキルによります。

人工歯の製作には、高い技術と美的センスが必要不可欠です。

もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、インプラントに用いるセラミックの義歯は、インプラントの治療費は高くなるのです。