読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントの特長として、噛んだと

インプラントの特長として、噛んだときに安定しており、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、この治療の良さでもあります。

両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。

人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど強度を備えています。

キシリトールガムも、問題なく楽しめます。

どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。

保険適用の可能性もゼロではありませんが、一般的なケースではなく、自費診療として始めるしかないのが高額の負担を避けられない理由です。

安くできるケースで十数万円、困難な治療が含まれるとその数倍の出費もあることを肝に銘じておかなければなりません。

インプラント治療を始める前にどのくらい費用がかかるか心配だと思います。

ちょっと調べればわかりますが、治療費は歯科医院や歯科医によって差があると考えるべきです。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用設定は歯科医院に完全に任されています。

しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。

インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが相場です。

インプラントの特徴として虫歯を気にしなくて良いのですが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。

インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診はずっと続きます。

けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。

感染が重篤化する危険性があるので即刻診断を受ける必要があります。

虫歯がかなり悪化して、抜くしかなくなってしまいました。

両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、インプラントの方が良いと考えました。

自費診療なので、かなりの額になりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。

手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく違和感なく噛むことができるようになりインプラントにして良かったと思いました。