読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療

検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。

なぜ適用されないかというと、インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると他の人工歯を使った治療に比べて検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。

土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、かみ合わせの調整などに時間がかかり全ての治療を通した費用はかなりの額になります。

もしこの治療が保険適用だったら、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。

入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラント

ですが、便利な反面、他の治療法と同様、注意すべき点があります。

まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があることです。

インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。

腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になる場合があることに留意してください。

インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。

おおむね保険適用外で、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、インプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用の差はかなりありますし、歯科医院が技術料をどう見るかで費用が異なることも事実です。

加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるということも覚えておきましょう。

気になるインプラント手術の内容とは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。

入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。

インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの極めて高い医療スキルが物を言うといわれています。

それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。

インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどれだけ痛いだろうと心配になると思います。

どこの歯科医の手術でも、大して痛くないのが普通です。

局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから本格的に手術を始めるためです。

術後、腫れがでるのに伴ってだんだん痛くなってくることもありますが、頓服の痛み止めが処方されるため激しい痛みが長く続くことはあまりありません。