インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプ

インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。

上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。

そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足に原因があると言ってよいでしょう。

インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科で治療を受けるようにしましょう。

この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院する必要はまずありません。

ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院して手術しなければならないケースもあります。

そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。

自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。

もし、自分が該当すると思われるなら信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。

費用や手間の面から考えても、インプラント治療はインプラント以外の治療はできないという患者さんが受ける治療です。

抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。

義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を選択する患者さんが多いでしょう。

インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、自分の歯に近い噛み心地が得られ、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。

チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨との親和性が高く材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。

インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体のいろいろな検査を実施し、その結果を見て本格的に治療をすすめていくので安心して治療を受けることができます。

一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけばより快適に、長期間使えるようになるのです。

これはインプラント治療が最適、とされるのは他の歯に影響を及ぼしたくないという場合があります。

例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯のみに働きかける治療と言えます。

他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという希望がある方にはやはりインプラント適用が一番でしょう。