読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

安易にインプラント治療を始めることはおすすめ

安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。

様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんに最適な治療方法になります。

周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラントしかないとされる患者さんが多くを占めます。

インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、より自然な噛み心地を得られるため噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。

大きな効果を得られるインプラント治療ですが、それと裏腹のデメリットもあります。

全ての患者に関わるのは、高額な費用です。

治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることも珍しくありません。

加えて、治療が失敗して取り返しがつかない健康被害が起きる危険性も承知しておいてください。

障害が残るばかりか、患者の死亡例も実際にあります。

他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。

この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医がどのような技量を持っているかで大きく違ってくると言うべきです。

インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法とされています。

良く検討した上で、歯科医を選ぶことがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。

他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は小さくないと覚悟してください。

インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが次のステップに進むための条件です。

組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。

インプラント治療の成功を願うなら、少なく見積もっても、手術から治療完了まではつらくても禁煙するのが正解です。

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。

保険が適用されればありがたいのですが、インプラント治療をすすめようとすると保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。

手術の前後には様々な処置が必要で、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。

治療の一部を保険適用にするだけでも、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。