読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

費用がかかるだけに、インプラ

費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。

実際のところ長く使っている症例は多くないのが現状ですが、きちんとメンテナンスを行った場合は自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというのが多くの意見です。

とすれば、普段のメンテナンス次第で長期にわたって維持できますが、セルフケアの手を緩めるとインプラントの維持が難しくなってしまうということを肝に銘じておくべきです。

がんばって終わらせたインプラント治療も、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

不断のケアが求められます。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングしていわゆるプラークコントロールを完璧に行い、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらう必要はずっと続きます。

インプラントは虫歯にならないとはいえ、ケアが十分でないと歯周炎などの可能性があります。

インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。

治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医の技量は厳しく問われるので大きく違ってくると言うべきです。

インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法だと考えて欲しいのです。

良く検討した上で、歯科医を選ぶことがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。

歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。

しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。

保険がきかない理由ははっきりしています。

インプラント治療をすすめようとするとブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べてコストがかかり、設備や技術も要するからです。

手術の前後には様々な処置が必要で、かみ合わせの調整などに時間がかかり完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。

全面的に保険がきくことにしてしまうと、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。

義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので異常がなくても維持費は必要になります。

特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診に通うのが一般的です。

定期検診を受ける費用は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず約三千円とみれば良いでしょう。

特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円のお金がかかると見積もっておきましょう。