インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療の終了は義歯が問題な

インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も定期的に歯科医に診てもらう必要があるためその都度、費用がかかります。

特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診を受けるように言われます。

メンテナンスの費用は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず三千円くらいかかります。

特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円のお金がかかると見積もっておきましょう。

よくいわれるインプラントのメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはまずありません。

根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように自然な印象を与えるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、いかにも義歯だと思われることは気にする必要はありません。

前歯など、自然に見せたい歯の場合はこの治療方法を選ぶべきでしょう。

インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。

入院して手術することはまれです。

出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、安全を期すため、入院を求められることもあります。

そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。

腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。

もし、自分が該当すると思われるなら信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。

簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。

虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部が損なわれていなければ上から冠のような形のクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。

しかし、根から抜いた場合はまず考えられるのは入れ歯ですが、その他になくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込む方法であるインプラントを用いた治療になります。

インプラント埋入は外科手術なので、術後は痛みが落ち着くまでは、安静に生活を送ってください。

日常生活には極端な制限はありませんが、身体に負荷をかけるくらいの運動はしばらくの間は控えましょう。

血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。

日頃から運動をしている方は、歯科医の意見を聞き、再開時期を確認しておけばベターです。