読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

多くのメリットを知られるインプラント治療。でも、当然な

多くのメリットを知られるインプラント治療。

でも、当然ながらデメリットもあります。

まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。

治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることもあり得ます。

そして、治療にミスや失敗があるとかなり深刻な問題が起こることもあるというのも、デメリットの一つです。

障害が残るばかりか、患者の死亡例も実際にあります。

いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医の治療を受けようとすれば海外で治療を受けるというのもありえます。

インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。

インプラント治療で、失った歯を取り戻すためには安易に妥協せず、できるだけ幅広く情報収集することをがんばってみましょう。

ご存じの通り、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんが医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。

医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をしてすでに収めた税金を取り戻す申告をします。

確定申告で忘れてはならないのは医療機関で必ず発行している領収書がお金を払った証明になるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう保管しておくことをすすめます。

様々なインプラント治療の問題点を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という説があったのではないでしょうか。

それは本当のことではありません。

磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。

ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、なので、MRI検査には影響ないと考えてください。

インプラント治療は、まず何が大切かというと、歯科医と、歯科医院の決め方です。

一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるので症例数が多ければ多いほど良く、経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。

それはもちろんのこと、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底しているいつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。