読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金など人体への親和性が極めて高い素材でできているからです。

インプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費を覚悟しましょう。

ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと不安や誤解がないでしょう。

新たな歯科治療の形として注目を集めているインプラント

しかし、この治療法も決して万能ではなく、留意すべき点もあるのです。

それは、誰にでも適用できる治療法ではないことです。

インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。

腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、インプラントの利用が不可能と診断されるケースがあり得ます。

そのような場合は別の方法に頼るしかありません。

現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の費用が負担となる方もかなりいるようです。

しかし、クレジットカードの分割払いや、デンタルローンなどの名称で分割払いに申し込める融通の利く歯科医院が多くなりました。

手持ちの資金が十分でなくても、受けたい治療を受けることが実現できるようになりました。

他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。

入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なりあごの骨にインプラントを定着させるのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、骨の中にインプラントが埋まらなければ再手術を迫られ、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。

また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。

インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。

この治療は治療全体を通して、相当な出費になります。

健康保険が使えることもまれにありますが、厳しい条件を満たさなければならず、検査など、治療の一部しか保険がきかないのが負担が大きくなる原因です。

安い材質、安い治療で済ませても十数万円、高価な材質を選ぶなどで数倍の費用がかかるケースもあることをくれぐれも忘れないでください。