インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

「インプラントとクラウンの違いは何?」と

インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。

虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部を支えとして残すことができれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンをかぶせる治療ができます。

根元から歯を抜いたときの選択としては、もし、入れ歯を採用しない場合、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込む方法であるインプラントを用いた治療になります。

安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。

様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんに最適な治療方法になります。

クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選ぶしかない患者さんが多くを占めます。

入れ歯に比べ、インプラントでは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。

全てのインプラント治療にとって大事なのが自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。

特殊な外科的治療についても技術を要求されるのでとにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。

それはもちろんのこと、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。

一本のインプラント治療にかかる費用はインプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。

もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって治療費には大きな開きがあります。

費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。

できればいくつかの歯科医院を比べ、治療を始めても、決して遅くありません。

チェック事項はいくつもありますが、まずその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。

近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、クレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。

他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。

自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントの定着がみられなかった場合、同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を大きく削り直すことになります。

そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。