読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め

手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので手術後しばらくの間、患者さんは違和感を感じるといわれています。

数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れが気になっても、舌などで触るのは止めて我慢あるのみです。

ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。

こうなれば我慢は必要ありません。

すぐに診療を受けましょう。

他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響はかなり大きいというべきでしょう。

インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。

人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が次のステップに進むための条件です。

組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。

この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、治療が無事終わるまでの間と思ってしっかり禁煙するべきでしょう。

入れ歯の装着に違和感があるという方、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってぴったりくるのはインプラントです。

外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、費用がかかることは確かですが見た目は入れ歯よりも自然な感じで自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。

何よりも見た目の自然さや快適な使用感を求められるなら、何といってもインプラントです。

欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも安定した使用感が得られ、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、ありがたみを実感する点です。

ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくあごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。

インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい強いものでもあります。

たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。

インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。

義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、噛んでいるとグラグラしてしまうというケースも稀に報告されています。

こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことのせいといえるでしょう。

インプラント手術の経験と実績のある歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。