インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

最近よく耳にするインプラントは、何らかの

最近よく耳にするインプラントは、何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工の歯を作ることだと考えてください。

ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯の根元が骨に埋まっているので違和感が比較的少なく、手入れしながら、長い期間使うことができます。

現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療費が高額になることは問題点です。

インプラント埋入手術の直後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。

これは、人工物を埋め込んで他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることがほとんどです。

しかし、他の原因から生じることもあるので、異変を感じた場合は間を置かず歯科医の診療を受けることを忘れないでください。

インプラント治療はどのような流れかというと、3つの段階に分けられます。

まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。

あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、という流れは皆さん変わりません。

この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。

ですから、インプラント治療全体では短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。

様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば決してあきらめる必要はありません。

最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療可能になっています。

よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を調べ、 相談してください。

例外はありますが、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。

全額自己負担が普通ですが、ただし、問題なく医療費控除を受けられます。

確定申告することではじめて、医療費控除の対象になりすでに収めた税金を取り戻す申告をします。

確定申告をするときの注意点として歯科医を利用したときに必ずもらう領収書がお金を払った証明になるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。