読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療を考えている方に知っておいてほしい

インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、仮歯を入れた後、義歯だとわかることはまずありません。

根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じようにとってつけた感じにならず、インプラントだとカミングアウトしなければいかにも義歯だと思われることはほとんどありません。

義歯だと思われたくない方にはこの治療が一番ふさわしいでしょう。

インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うありふれたケースのインプラント治療も院内感染の可能性は否定できません。

ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが治療の成否に関わる問題です。

院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてホームページ上で公開している歯科医院も当然のようになっているので、あれば必ず見ておきましょう。

最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。

腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、人と状況によりけりなのです。

担当医の指示通りに痛み止めを服用し、患部を冷やすなどの処置をとっても腫れがなかなか引かないという時は、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。

厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんがしかし、医療費控除の対象ではあります。

手間はかかりますが、年一回の確定申告によって治療費を収入から引くことができます。

確定申告で忘れてはならないのは歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が支払いの証拠となるためなくしたらおしまいのものとして他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。

インプラント治療を始める前に治療費が気になるのは当然です。

現実には、治療費といっても歯科医院それぞれで差があると考えるべきです。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。

それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。

インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが一般的です。