インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療は多くのケースでとても有効です

インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。

全ての患者に関わるのは、高額な費用です。

難しいケースでは数十万円かかるケースもまれではありません。

あとは、治療が失敗したとき、障害が残るような健康被害も起こりうるという重大な問題もあります。

本当に深刻な例では、手術後の死亡例もあります。

インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。

この治療は治療費を確保してから始めなければなりません。

場合によっては、保険診療にもできるようですが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。

ほとんど全て自費診療だというのがどうしても高額になってしまう原因です。

現状では最低線が十数万円、難しい治療を受けるケースでは治療全体で、その数倍の費用が必要になることを承知しておく必要があります。

他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。

自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なりあごの骨にインプラントを定着させるので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば普通は再手術しか手段はなく、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。

インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を損傷する危険性もあります。

もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。

既往症に歯周病顎関節症があるとすれば、治療開始前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保する問題が生じます。

美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も治療にかなりの危険が伴います。

こうした病歴があっても、直ちに絶対治療できないとは言えません。

歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。

様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。

インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医がどのような技量を持っているかで差は大きいと断言できます。

インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法だと言えます。

できる限りよく調べて、歯科医を決めることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。