読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

歯科治療の中で、インプラントとクラ

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が損なわれていなければ上からすっぽりとクラウンという義歯をはめられます。

これに対し、抜歯した後は、もし、入れ歯を採用しない場合、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むインプラント治療を選ぶこともできます。

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨との親和性が高くアレルギーも起こりにくいとされています。

インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで本格的な治療がスタートするので安全性を確認しながら治療を受けられます。

また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。

義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので異常がなくても維持費は必要になります。

特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診に通うことを指示されます。

メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険が適用される治療がほとんどを占めるためたいていは三千円程度に収まります。

全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの費用を支払うことになります。

インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、手術箇所が落ち着くように、安静に過ごすのが無難です。

日常生活では力をかけないように努め、普通の生活を上回る強度の運動は控えることが望ましいです。

血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。

日常的に運動を続けている方なら、どうなったら再開できるか、歯科医と確認しておけばベターです。

様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。

歯科医の腕と設備次第で、それまでインプラントは適用されなかったケースも治療ができるようになっています。

よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探すことが必要です。