インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

歯科医の宣伝で、インプラント

歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。

歯がまるごと抜けてしまった後で、歯根部からほぼ元通りになる人工歯のことです。

ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため違和感が比較的少なく、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。

なお、インプラント治療は全て自費となり、治療にお金がかかることは承知しておいてください。

様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、検査の段階で断られることもあります。

でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば決してあきらめる必要はありません。

歯科医の腕と設備次第で、以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも相当数が治療できるようになってきました。

現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で調べ、 相談してください。

インプラントの利用を考える際に、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。

腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、どうなると言い切ることはできず、人と状況によりけりなのです。

痛み止めの薬などを服用して、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも痛みの治まる気配がないときは、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。

インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なりあごの骨にインプラントを定着させるので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントが定着しなければ再度、大がかりな手術を行って骨を大きく削り直すことになります。

そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。

残念ながら、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。

しかし、医療費控除の対象ではあります。

医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして治療費を収入から引くことができます。

医療費控除を受けようとすれば治療のたびにもらっている領収書が支払いの証拠となるためなくしたらおしまいのものとして保管しておくことをすすめます。