インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

様々な条件から、普通のインプラント治

様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医に頼るしかなければ、日本だけでなく、海外の歯科医を探すということも考えていきましょう。

北欧諸国はインプラント先進国といわれ、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。

長期間快適に使える歯を手に入れるため、決してあきらめてはいけません。

まずもって、情報集めに全力を尽くすことをがんばってみましょう。

全てのインプラント治療にとって大事なのがどこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。

一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるのでとにかく数多くのインプラント治療にあたってきた豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。

また、それに加えて、必要な費用についてきちんと話してくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも歯科医を決めるためには重要なことです。

もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。

特に要注意なのは歯周病顎関節症で、まずそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保するのがとても大事です。

また、美容整形であごの骨に手を加えた方も事故を引き起こす可能性が増します。

今は、このような病歴があるからといって治療できないといわれる可能性は低いためきちんと歯科医に相談することが大事です。

歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラント

しかし、この治療法も決して万能ではなく、制約もあるので覚えておきましょう。

それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあるという事実です。

糠喜びにならないためにも知っておきましょう。

いくつか例を挙げると、抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまう可能性は高いといえます。

注意してください。

どんな完璧なインプラント治療でも、治療後も快適な状態を維持するためにアフターケアが寿命を決定します。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールに注意を払い、さらに歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが必須条件です。

人工物のインプラントでも、普段のケアができなくなると歯周炎などの可能性があります。