インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

せっかく完了したインプラント治療も治療

せっかく完了したインプラント治療も治療後も快適な状態を維持するために日々のケアが欠かせません。

毎日、しっかりブラッシングすることで完璧なプラークコントロールが必要で、定期的な検診を欠かさず継続することを続けなければなりません。

人工物のインプラントでも、ひとたびケアの手を抜けば歯周病になることは珍しくありません。

歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の歯に影響を及ぼしたくないという患者の希望がある場合です。

ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯だけを根元から再生する治療になります。

両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという事情のケースなら、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。

インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。

埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、噛んでいるとグラグラしてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足の影響が多分にあります。

技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科を選ぶといいでしょう。

ネットのレビューなども参考になります。

他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗をゼロにすることはできません。

治療が失敗すると、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体の損傷、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの外見が損なわれる可能性もあります。

失敗の可能性を少しでも下げるためにくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。

一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、生涯持つと言われることが多いのですが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。

毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。

口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとあごの骨が浸食されてしまう場合もあり、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命にも影響が出ます。