読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、しばら

インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、しばらくの間、極力安静に過ごすように努めましょう。

日常生活には極端な制限はありませんが、身体に負荷をかけるくらいの運動は避けた方が良いです。

血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。

日頃から運動をしている方は、いつから再開して良いか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。

インプラントは、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。

人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているのが1ピースタイプと呼ばれるもの。

そして、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。

2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。

忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。

特に要注意なのは歯周病顎関節症で、まずそちらの病気を完全に治す問題が生じます。

それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もリスクを背負っています。

最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで絶対治療できないとは言えません。

歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。

人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、埋入手術後はどの患者さんも違和感を感じるといわれています。

数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから違和感を感じてもくれぐれも触らないよう歯みがきも気をつけてください。

しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。

大至急歯科医にかかってください。

インプラントの手術してからしばらくの間、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。

これは、人工物を埋め込んで周辺の歯の神経も刺激されたことが原因でインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが自然な流れです。

しかし、原因が他にあることも考えられるので、特に手術後は、異変を感じたら速やかに歯科医の診断を受けることで早めの対応をしていきましょう。