読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

近年、インプラントの治療件数が増えてき

近年、インプラントの治療件数が増えてきました。

これは自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根部からほぼ元通りになる義歯と人工歯根のことです。

インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。

インプラントだと歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため残った歯と同じような使用感があり、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。

インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント

その義歯には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。

セラミックとは要するに陶磁器であり、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。

美的センスに加えて、熟練したスキルが要求される作業です。

当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、それだけ、セラミックの歯というものは一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。

インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は小さくないと覚悟してください。

インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療の一大関門となります。

そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は例外なく阻害する働きをします。

インプラント治療の成功を願うなら、治療を受けている間はがんばって禁煙に励みましょう。

インプラント治療も医療行為ですが、保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。

ただし、問題なく医療費控除を受けられます。

手間はかかりますが、年一回の確定申告によって治療費を収入から引くことができます。

医療費控除を受けようとすれば治療のたびにもらっている領収書が支払いの証拠となるためもらったものはしっかり取っておいて保管しておくことをすすめます。

様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。

最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも全て歯科医の腕に任されているので決定的な違いが出てくると考えられます。

インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと考えて欲しいのです。

できる限りよく調べて、歯科医を決めることが治療の成否を決めるのです。