インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

長く根気のいるインプラント治療。しかし、やっと治療

長く根気のいるインプラント治療。

しかし、やっと治療期間が終わったといっても、ケアはそこで終わりではありません。

ずっと使い続けられるかは、治療後のメインテナンス次第なのです。

歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、その通りのケアを心がけてください。

日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。

加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。

治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。

インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。

人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるのが1ピースタイプと呼ばれるもの。

そして、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。

2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれます。

この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。

自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、トータルで30万円から40万円と考えてください。

地域によってかなり料金は異なります。

また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も治療費の総額を決めることになるので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。

ここで重視すべきなのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。

多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。

他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、あごの骨にインプラントを定着させるのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再度、大がかりな手術を行って骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。

インプラントの埋入も、骨を削るので手術時に神経を損傷する危険を伴います。

様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、検査の段階で断られることもあります。

ただ、「骨の厚みが足りない」や「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら治療を断念するのは早すぎるかもしれません。

最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すればかなり困難なケースでも相当数が治療できるようになってきました。

あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして探すことが必要です。