読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療を考えているなら

インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。

インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医がどのような技量を持っているかで相当な差があると考えるべきでしょう。

インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法とされています。

できる限りよく調べて、歯科医を決めることがインプラント治療の結果を左右するのです。

インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるのでほとんどの患者さんは、手術後、違和感を生じるのが当たり前の反応です。

数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにここはぐっと我慢してください。

しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因を探り、対応していかなくてはなりません。

指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。

徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、前よりも口臭が気になるといった変化が割と少なくないようです。

これはなぜでしょうか。

一つには、歯茎の合間に歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっていることも考えられるので、放置はできません。

そのようなケースでは、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。

インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。

セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。

高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもを持ち合わせていなければなりません。

患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、その分、インプラントの人工歯は、従来の金歯よりも高額になるのです。

ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので高額の費用を一度に用意できない方もまだまだ多いのです。

しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、デンタルローンなどの名称で信販会社のローン商品を使える歯科医院が増えています。

手持ちの資金が十分でなくても、治療を始めることはできるケースが増えました。