読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受

理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。

けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら決してあきらめる必要はありません。

最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば従来はできないといわれていた症例でも相当数が治療できるようになってきました。

よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探して、問い合わせてみましょう。

虫歯がかなり悪化して、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。

このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、このような場合、インプラントにもできますと説明され治療を受ける決心がつきました。

費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。

インプラントで噛むようになり、しばらくして違和感なく噛むことができるようになり私の場合は、インプラントが最適でした。

骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は普通にしていれば一生物などと言われますが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。

ろくに歯磨きもしないでいると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。

また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、義歯の耐用年数自体にも影響が出ます。

インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。

とりわけ、歯周病顎関節症がある場合、治療を始める前に既往症を完全に治しておくことを忘れないでください。

また、美容整形であごの骨に手を加えた方も事故を引き起こす可能性が増します。

こうした病歴があっても、直ちに絶対治療できないとは言えません。

歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。

どうにも入れ歯がしっくりこない、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方に選択肢としてインプラント治療があります。

あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、上部の義歯になる部分を装着します。

おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。

どうしても外見や噛み心地を求められるなら、何といってもインプラントです。