読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めると

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。

人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。

チタンの他、セラミック、金といったアレルギーをきわめて起こしにくい素材でできているからです。

ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、全額自費を覚悟しましょう。

もし金属アレルギーの不安があればアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくとベストだと思います。

皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。

ほとんどのケースは保険適用外で、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって一概に費用を決められませんし、歯科医院が技術料をどう見るかでずいぶん費用は変わってきます。

加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるといったことも他の歯科治療と異なります。

人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがメンテナンスは自分の歯より楽と思ったら大間違いです。

インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病を引き起こすこともあるのです。

自分の歯に対する手入れと同じで良いので必要なお手入れをきちんと指導してもらい、セルフケアは欠かさないようにしましょう。

そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。

インプラントとクラウンがどう違うかというと、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が残せれば上からすっぽりとクラウンをかぶせることが可能です。

しかし、根から抜いた場合はまず考えられるのは入れ歯ですが、その他になくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むインプラント治療を選ぶこともできます。

インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。

入院して手術することはまれです。

血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院して手術しなければならないケースもあります。

加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。

腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。

これらのケース、その他の困難なケースであれば治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。