読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

普通、インプラント治療の全部が自費

普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、費用を払いきれるかどうか心配になる方もかなりいるようです。

しかし、クレジットカードの分割払いや、例えば、デンタルローンと呼ばれるような独自の分割払いを取り入れた歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。

手持ちの資金が十分でなくても、受けたい治療を受けることができる状況になっています。

近年、インプラントの治療件数が増えてきました。

これは虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の歯根部からほぼ元通りになる人工歯のことです。

歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので噛んだときの感じも自分の歯に近く、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。

インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療にお金がかかることは承知しておいてください。

インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。

それからも指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから異常がなくても維持費は必要になります。

使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。

メンテナンスの費用は保険適用の治療が基本となり三千円くらいかかります。

普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の維持費を見込んでおいてください。

他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。

最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医の腕次第で大きく違ってくると言うべきです。

インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと言えます。

できる限りよく調べて、歯科医を決めることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。

様々なインプラント治療の問題点を皆さん、入念に調べたと思います。

その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないという説があったのではないでしょうか。

それは気にしないでください。

MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。

インプラントに使われるのはほとんどがチタンなのでチタンの特性として、磁気には反応しないため検査で問題になることはまずありません。