読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラント

徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、口の臭いが気になるようになったケースが割と少なくないようです。

これはなぜでしょうか。

一つには、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしていることも考えられるので、放置はできません。

自分もそうかも、と思った方は、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。

歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も様々な点で、失敗が起きる可能性があります。

では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などの人工歯そのものに関わる失敗、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目を損なってしまう問題もあります。

こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはデータや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。

歯科治療の現場は日々進化を続けています。

最近は、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、それも皆無とはいきません。

上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、噛んでいるとグラグラしてしまうというケースも稀に報告されています。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足の影響が多分にあります。

なるべくなら、インプラントを専門としている歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。

入れ歯の装着に違和感があるという方、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にぴったりくるのはインプラントです。

外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、入れ歯に比べれば費用はかかりますが入れ歯よりも周りにわかりにくく、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。

何よりも見た目の自然さや快適な使用感を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。

利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。

その点は、担当医の技量に加え、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、どうなると言い切ることはできず、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。

担当医の指示通りに痛み止めを服用し、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、痛みの治まる気配がないときは、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。