インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

人工歯根をあごの骨に埋め込む

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。

術後の患者さんは、ほとんどが違和感を感じるのが普通です。

数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから違和感を感じてもくれぐれも触らないよう歯みがきも気をつけてください。

十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。

急患でも診療を受けることが必要です。

検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。

保険がきかない理由ははっきりしています。

インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとするとブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べてコストがかかり、設備や技術も要するからです。

手術の前後には様々な処置が必要で、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので時間に見合った医療費がかかります。

もしこの治療が保険適用だったら、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。

簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。

虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部を支えとして残すことができれば上からすっぽりとクラウンをかぶせることが可能です。

これに対し、抜歯した後は、入れ歯もありますが、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を検討することになります。

1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。

一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。

審美性を考えた場合、どちらかというとインプラントが優位に立ちます。

また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないというデメリットも承知してください。

皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。

保険適用されることはごくまれで、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても一概に費用を決められませんし、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでもずいぶん費用は変わってきます。

そして、定期検診にも費用がかかってくることも念頭に置きましょう。