インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

最近よく耳にするインプラントは、歯を

最近よく耳にするインプラントは、歯を抜いた、あるいは抜けた後で、代用となる義歯と人工歯根のことです。

歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは人工歯根を骨に埋め込むことによって噛んだときの感じも自分の歯に近く、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。

ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療費が高額になることは問題点です。

耐久性の面で、インプラントはどうかというと、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、定期的なメンテナンスが行われていれば本来の歯同様の耐久性を得られると考えていいようです。

要するに、メンテナンスがしっかり行われていればかなり長い間保たせることができますが、ひとたびケアを怠れば取り返しのつかない事態が起こってしまうと思ってください。

どんな問題がインプラント治療にあるかをいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないといった口コミがあったかもしれません。

でも、気にしなくて良いです。

磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属があれば、そこは乱れて映ります。

ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているのでチタンの特性として、磁気には反応しないためなので、MRI検査には影響ないと考えてください。

多くのメリットを知られるインプラント治療。

でも、そのマイナス面も知らなければなりません。

全ての患者に関わるのは、高額な費用です。

ケースによっては数十万円の負担になることも珍しくありません。

あとは、治療が失敗したとき、健康被害が起きると、かなり深刻化するデメリットも忘れないでください。

ごくまれなことですが、治療によって死亡したケースもありました。

インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、治療終了後、義歯だと気づく人はたぶんないでしょう。

歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く自然な印象を与えるので他の人に自分から言う必要もないのでもしかしたら義歯かと思われる心配もいちいち考えなくて良くなります。

費用や期間より、見た目重視の方にとってこの治療方法を選ぶべきでしょう。